Sunday, February 26, 2017

近鉄八尾駅前の西武が今月でなくなっちゃうので、思わずスマホでパチリ!



先日所用で、大阪府八尾市に行く機会があり、今年2017年の2月28日をもって閉店となる『西武八尾店』の最後の姿をスマホに収めることができたので、大阪のある日のひとコマ、として残しておきたいと思います。

八尾は大阪の東部にある市で、自衛隊の駐屯地と飛行場があることから、小規模ながらエアーフェスタ(航空祭みたいなもの)が開催されたりして、その筋では意外に知名度がある場所です。

飛行場といっても小さな飛行場で、駐屯地はほぼヘリコプター専門なのですが、エアフェスタでは、コブラやアパッチが飛ぶので、遠方からわざわざ見に来る人も多いです。

Sunday, January 29, 2017

今年は桃谷・NTT西日本大阪病院前で観戦【『大阪国際女子マラソン』観戦レビュー2017】


今年の大阪国際女子マラソン、重友さん、頑張りましたね。

最後は自宅に戻って観戦しましたが、最後の2キロあたりから、見ていて目頭が熱くなるものがありました。

ネットでは、あのタイムでは世界で戦えないという辛口コメントも多数あり、確かにそうかもしれません。

でも、今日の重友さんは、長く苦しい時を過ごしてきた自分自身に勝ったんだから、それでいいと思います。

まだ29歳。これからの人生の方が圧倒的に長いです。

挫折を体験した人は強いです。学び多き日々を過ごした経験が、これから人生の宝物になるんではないでしょうか(^o^)

ということで、本日は、今年の観戦ポイントのご紹介。そして、次回の記事で、毎年恒例の、マラソンコース沿いにある史跡探訪の2本立てでお送りします。

Tuesday, January 24, 2017

沖縄産の果物「アテモヤ」実食レビュー★沖縄旅行のお土産としてオススメかどうか独断と偏見でジャッジしてみました。

 
『アテモヤ』っていう、果物をご存知ですか?

テレビとかでたまに取り上げられて、「森のアイスクリーム」とか言われてたりするのを、聞いたことがある人もおられるかもしれません。

でも、実際に食べた人は、あまりいないのではないかと思います。

実は我々家族も、先日沖縄旅行のお土産としていただいた『アテモヤ』が、人生初アテモヤです。

なので、取り急ぎ、この何とも例えがたい、妙ちきりんな味をレビューしたいと思います。

Saturday, January 07, 2017

『旭ポンズ』の大阪での相場は?ホントに大阪の家庭には、絶対ある調味料なの?

【秘密のケンミンSHOW 新春!4時間SP】の番組内の企画、『全国 味の決め手祭り』で、大阪の旭ポンズが紹介されていましたね。

かつて、故・やしきたかじんさんが愛した、大阪府八尾市の地ポン酢です。

鍋物はもちろん、お料理にかけても美味しくて、例えば、今日いただく『七草粥』なんかにかけると、美味しいですね♪
とろーりたまごの七草粥
by 柴田真希
調理時間:10分
Comment
せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ・・・春の七草をとろーりたまごでとじたお粥に仕上げました。胃腸をいたわる七草粥なので雑穀も胃腸にやさしい、小粒のあわ・ひえ・きびを使用しました。
このレシピを詳しく見る

我が家も、昔からずっと、ポン酢は『旭ポンズ』と決まっています。

私自体は別に「絶対に旭ポンズでないといけない」 って訳ではないんですけど、家族が絶対に譲らないんですw

なんかね~、これは私だけの感覚かもしれませんが、昔に比べて、年々薄くなってきてるような気がして、昨今の健康志向に合わせてるのか、それとも味が劣化してるのか区別がつかず・・・

でも、なんだかんだ言いながら、うちの冷蔵庫の写真ですみませんが、こんな風に、マヨネーズとかケチャップとかと一緒に、日常的に常備してある調味料であることは確かです。

Sunday, January 01, 2017

2017年♪あけましておめでとうございます(^o^)


みなさま、あけましておめでとうございます!

2017年・元旦、ここ大阪は、穏やかで暖かなお正月を迎えています。

こんなによく晴れて、雲ひとつない青空が広がるお正月は何年ぶりでしょうか。

なんだか今年は、良い年になりそうな予感がします(^o^)
ところで今、家族が横でテレビを見ているんですが、中国の習近平さんの弟の名前は、習遠平さんという名前だそうです。


私の亡き祖父・与左ヱ門の弟の名前が、与右ヱ門だと知った時以来の衝撃です(衝撃?笑撃?www)

こんな、笑い(?)あり、青空ありの、幸せなお正月に大感謝・・・

去年はいろいろとあった日本でしたが、今年は皆さまにとって、明るく素晴らしい年になりますようお祈りしています。

今年もどうぞよろしくお願いいたします(^o^)/

Monday, December 26, 2016

今年の海外ミュージシャン訃報の大トリは、ジョージ・マイケル。ドンピシャ世代だったので超ショックです。

今年のクリスマス・ケーキは、『ケントハウス近鉄上本町店』で購入♪

キタサンブラックが負けたり、ジョージ・マイケルが亡くなったり、個人的には、昨日から今日にかけて、かなりショッキングな1日でした。

今年は沢山のミュージシャンが亡くなって、洋楽ファンとしては残念な一年でしたが、最後の最後で、ジョージ・マイケルが亡くなるとは・・・

私が一番洋楽にはまっていた時代に、一番輝いていた人なので、今年一番のショックです。

Sunday, December 25, 2016

メリークリスマス!みなさま、いつもありがとうございます!!(&お気に入りのクリスマスソング動画)


トップ画像は、神戸で撮った夜景です。

今年はクリスマスらしい所に、どこにも行けずじまいでしたが、家族全員でクリスマスとお正月を迎えられることに感謝・感謝☆彡

皆さんが、お好みのクリスマスソングをブログに貼り付けて下さっているので、私も真似してみました。

大好きなジャッキー・エヴァンコが歌うクリスマス・ソングです。

皆さま、どうぞ楽しいクリスマスをお過ごしくださいね。

Tuesday, December 20, 2016

うわ~(汗)。1か月半も、更新途絶えてしまった~。


 ふと我に返ると、1か月以上も更新が途絶えてしまいました(^o^;)

人生色々ありますが、落ち込むと、思いっきり手が止まってしまうのが私の悪い癖です(笑)

一度書く習慣が途絶えると、なかなか元に戻すのが難しく、ズルズルと1か月半。

過去記事に、参考になったという、とても嬉しいコメントを頂いたことをきっかけに復活ですw

そうだ、自分の行った旅行やイベントを事細かにブログ記事にするのが楽しくて、ブログを始まったんだっけ・・・と初心に帰らせてもらうような出来事でした。

Monday, November 07, 2016

『あさイチ!』の特集『ピーラー向上委員会』で見て、購入を検討中のピーラーを2つご紹介


昨日の夕方の、京都市内と大阪北摂でピンポイントで揺れた地震、すごかったですね!

ここ大阪市内は、一瞬だけしか揺れなかったので、家族の中で揺れに気付いたのは私だけだったんですが、「ドーン!」という地鳴りだけは家族全員が気づいて、チビが「何の音?」とうろたえていました。

そして今日は、チビを病院に連れて行くため、仕事を休みました。

10月にかかったマイコプラズマで弱った体が、胃腸炎のウイルスに勝てなかったみたいで・・・

ここしばらく、家族の健康がらみでアレコレ忙しく、なるべく仕事を休まないことを最優先に生活を回していて、ブログの更新もままなりません。

『京都鉄道博物館』訪問レビューの後編がアップできなくて、気をもんでいる今日この頃ですが、更新が滞っているので、ひとまず近況報告&世間話(オカンのお買い物ネタ)だけでもと、PCの前に座りました。

Friday, October 28, 2016

京都鉄道博物館・訪問記1★梅小路蒸気機関車庫をウン十年ぶりに訪問


後日アップしますと言ったまま、時間が過ぎてしまいましたが、『京都鉄道博物館』訪問記を。

行ったのが8月末なので、かなり前です(汗)。時間が経つのって、ホント早いですね~。

この記事に先んじて、博物館の屋上からの風景と、博物館外の市電広場にあるソフトクリームの番外編的な記事をアップしてありますので、ご興味のある方は、過去記事も併せてどうぞ♪

過去記事:世界遺産・東寺をバックに走るJR列車と、市電カフェの『京都美山牛乳ソフトクリーム』

 
こちらの施設は、今年2016年4月末にオープンしたばかりなので、『京都鉄道博物館』と言ってもピンとこない方が多いんですが、JR京都駅近くにある、鉄道専門の博物館です。

大人世代の方は、『梅小路蒸気機関車館』と言われた方が、ピンとくる方が多いと思います(勿論、私もそうです)。

元々あった機関車区の隣に、新築の博物館が建って、この度のリニューアル・オープンとなりました。

 
子供の時に親に連れられてやって来た場所に、今度は我が子を連れて再訪するというのは、なかなか感慨深いものがありました。

ということで、メインの本館は後回しで、私の大好きな『梅小路機関車区(旧)』からご紹介します。

梅小路・扇形車庫


建物の中に入ると、いきなり機関車が。子供の背丈ほどもある、大きな大きな車輪に感動して、思わず、先頭車両の足回りに駆け寄るチビ。

このシンプルかつ機能的な建屋『扇形車庫』は、国内に現存する中で一番古い、鉄筋コンクリート造りの機関車庫で、国の重要文化財に指定されています。


建物の外に出ると、あちこちから「トーマス!」とか「トーマスのおうち!」と連呼する子供さんの声が聞こえてきました。

気持ちは分かります。うちのチビも小学生ですが、やっぱり「トーマスの家の実物、初めて見た~!!」と大感激していました。

「トーマスの家」じゃないんですけどね(笑)。正式には何というのか分からないんですが、とりあえず『操車場(の跡地)』でしょうか?

転車台


この『転車台』というシステムを最初に考えた人、すごいですよね。機関車が実際に出入りするところ、見てみたかったな~。

(機関車トーマスでは、割と簡単に、ピューって軽快に入っていくんですけどね~(笑))


こうやって少し離れて、全ブース(?)に収まっている機関車と線路を見ると、壮観です。

保存されている機関車


プレートが20番まであるように、最大20台の蒸気機関車が収まるんですが、機関車は、もちろん、張りぼてではなく、全て本物です。

建屋の中では、難しい言葉で言うと『動態保存(どうたいほぞん)』っていうらしんですが、今でもちゃんと動く車両もあり、大切に整備&保管されているんですよ。


機関車って、すごく不思議で、「機械」というより「生き物」に近い感覚が、個人的にするんです。

鼓動や息吹が聞こえるような気がする、っていうんでしょうか(って、聞こえませんけどね(笑)。例え、です。)

御料列車『C581』と、『D50 140』

体験展示『SLスチーム号』

こちらのエリアでは、機関車を見るだけではなく、実際に乗車体験をすることができます。

電車賃は、大人300円、子供100円。ほぼ直接のコース、往復・約1キロの道のりです。


4台の機関車が交代で運行していて、私達がこの日乗ったのは『8620形 8630号機』という車両。

大正三年に作られた、日本ではじめての、量産タイプの旅客用蒸気機関車だそうです。

客車の塗装は、レトロで京都らしい色ですが、これは『聚楽ぶどう色』という色なんだとか。

『聚楽葡萄(じゅらくぶどう)』というのは、かつて京都で栽培されていたといわれている、日本古来の葡萄の品種。

今ではもうほとんど存在していないと言われていたのですが、今年の1月に、京都市東山区の民家の軒先にあるのが発見されて、ニュースになっていましたね。  


機関車の上では、係員さんが、黒い石みたいな物(石炭)を、せっせせっせとシャベルで中に入れていました。

チビが立ち止まって、不思議そうに眺めていたのですが、『マインクラフト』というゲームの中でしか見たことのなかった『石炭』だと分かり、「石炭って、生まれて初めて見た!」と、超感動。

「えっ?食いつくポイント、そこ!?」みたいな感じですが(笑)、確かに、石炭なんか、私もここ数十年、お目にかかったことなかったですね。

D511
ということで、以上『梅小路蒸気機関車庫』をご紹介しました。

『京都鉄道博物館』の訪問レビューを見ていると、「1時間で全て見終わる」みたいな感想もあったんですが、私達は、この蒸気機関車区だけで、1時間以上の滞在となりました(笑)

次回は、『京都鉄道博物館』の建物内部の様子をアップさせていただきます。
<スポンサーリンク>

>>>こんな記事も書いています♪